menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

1995y Bentley Brooklands (SZ)


レーシンググリーン/ベージュレザー(グリーンパイピング) 62,000Km 車検31.3まで D車(コーンズ物)/左ハンドル/4AT/Wエアバッグ/記録簿/キーレス
268万円(税抜248.14万円)

ウチの認定中古車出身の個体です。ダッシュ上部もグリーンでライトの廻りもグリーンです。定期的なメンテナンスも怠りなくタイヤもバリ山です。入庫後「アラームECU」も交換しました。新品は高額なのでウチでは現地に送ってオーバーホールしてもらってます。気が向くとバッテリーを補充電して荒井がアシに乗ってコンディション維持。保管はもちろん品川アジトなので内外装痛み知らずです。お客様に納まってからもメンテナンスでは「荒井ならこうする!」という引き出しを多数ご用意。入門用でありながら実はツウな選択のブルックランズ。お勧めです。

追記 動かなくなった助手席のECUをオーバーホールしました。油脂類チェックしてパワーウインドの固着も全て整備。いつでも走れるように手を入れてます。

1970y M.Benz 280SL (Type W113)


ホワイト/ブルーレザー 
19,000Km(?) 車検30.5まで 並行車/左ハンドル/4速AT/PS/クーラー/取扱説明書/整備記録多数/助手席パワーウインド
SOLD

以前に告知していたW113のSLです。春先に入庫してずっと仕上げてました。既に売れてますが問い合わせ多かったので載せます。燃料系が良くなくて長いこと不動でしたがウチで仕入れてからは無い部品は工夫して何とかして、手に入るモノは高くても新品にして蘇りました。内外装は1度仕上げてる個体なので手直し程度です。日本で登録(平成4年)してからは一人のオーナーがショールームみたいなガレージで大切に保管してました。整備は都内のヤナセ協力店(今は廃業してます)で手厚くなされていた記録がファイルに多数残ってました。その意思を受け継ぐべく今回整備してます。

2007y Ferrari 599 F1


ブルーツールドフランス/ブラックレザー 14,500km 車検2年付 D車/左ハンドル/6速F1/オートAC/Wエアバッグ/パワーシート/社外HDDナビ&ETC/記録簿
ASK万円

ウチで2年前に販売した認定中古車。11,000kmで納めてます。フルノーマルの599です。ずっと車庫保管でメンテもウチでキッチリしてます。普段はシーテック繋いでバッテリーのコンディションも完璧。内外装はウルトラ綺麗です。ナビはインダッシュのが綺麗に付いてます。華やかなブルーメタにまだ新車の感じが残ってる黒革シート。車検がちょうど切れますので2年付けてのご案内。

1965y Toyopet Corona 1.5 Deluxe


シルバーメタリック/グレーコンビベンチシート 98,000km 車検29.12まで D車/右ハンドル/3速コラムMT/純正ラジオ/マニュアルブック類完備
SOLD

勢いで買ってしまったRT40コロナです。昭和40年モデル。1500ccエンジンで3速コラムシフトマニュアル。ウインカーレバーは無くてホーンリングがウインカーです。可愛いデザインです。年式的にヘッドレストもシートベルトも無し。元来スピードは出ませんからゆるゆる走る感じです。エンジンは絶好調。38,000km走行の極上コンディションのと載せ替えました。外装はイイ感じでヤレてたのでそのまま凹み等を直して錆とかは残したまま艶消しのクリアでオールペン。アメリカンな仕上がりで味わいのある外観になりました。内装は破けてましたから新調してます。イメージはBMW2002のビニールレザーのシートの感じ。薄いベージュで張替え中です。天井のライニングとドアの内張り、カーペットも新しくしてます。塗装時にウエザーストリップ類は全て交換。ラジオも使えますし三角窓を開けて走れば爽やかです。クーラーを付けたい方は要相談。取扱い説明書や新車時の保証書、ディーラーネットワークの地図(栃木トヨペットですが)やラジオの取説まで完備。トヨペットコロナ ハンドブックなる物まで残ってます。超貴重です。毎日乗るには根性が要りますがセカンドカーで転がしたい方にお薦め出来ます。

1989y Ferrari Mondial t Cabrio


ロッソコルサ/クオイオ 38,000km 車検29.10まで ヨーロッパ並行車/左ハンドル/5MT/AC/PS/ETC/フェラーリバッグ/ブック類完備/整備記録
SOLD

パワステも付いた縦置きのモンディアルカブリオ。スティックさんの大好きなモデルです。屋根を開けても閉めても綺麗なカタチ。こんな綺麗なオープンは滅多にないです。ロッソにベージュ内装も華やかで理想的。2002年9月に21,800kmで仕入れてからずっとウチで管理してます。ヨーロッパ仕様の個体。登録が1990年にされてますが当初結婚式場に展示してあった車と聞いてます。クラッチは初期のツインプレートです。履歴はウチで仕入れる前は2001年11,600km時に「タイミングベルト交換」「ウォーターポンプ交換」「クラッチオーバーホール」と13,720km時「オルタネーター交換」の記録が残ってます。ウチで仕入れ後は2002年11月にソニーズで納車整備で21,800時に「タイミングベルト交換、ウォーターポンプオーバーホール、フロントショック交換、全メーター新品交換(針が焼けてたので)、ヒューズボックス修理等」を施し納車。その後戻って来てからも車庫保管で必要な整備はしてきました。昨年の車検時(38,000km時)に3度目の「タイミングベルト交換、ウォーターポンプ交換」をしてます。それ以降はシャッター付車庫にて保管してるだけでほとんど走ってません。基本的にどノーマル。乗り心地も良く、荷物を置くスペースにも恵まれた大人の跳ね馬です。力まずに優雅に乗れる方、待ってます。伝えたいことが多過ぎて大変なクルマだ。

1991y BMW 325i Touring(E30)


ダイヤモンドブラック/グレーベロア 96,000km 車検29.11まで D車/左ハンドル/4AT/AC/ABS/純正AW/リアワイパー/ルームミラースポットライト/マニュアルブック/記録簿
ASK万円

随分前に入庫してました。元祖3シリーズツーリング見参!(まぁ厳密には2002にツーリングって言うのがありましたけどね)E30の後期タイプに設定されたツーリングボディで唯一171馬力のライトシックスを積んだクルマが正規輸入されてました。懐かしい方も多いはず。外装、内装欠品無し。ドア内張りやダッシュボード、コンソール、シート表皮等もウルトラ綺麗。悪いとこ全部直して時間がかかりました。列記しますと「フューエルポンプ交換」「タンクユニット左右交換」「フューエルフィルター交換」「関連ホース交換」「リアスタビリンクロッド交換」「エアコン高圧ホース交換」「リアワイパーモーター(これが高額!)交換」「リアウオッシャーポンプ交換」「右フロントウインドレギュレター交換」「フロントブレーキパッド&ローター交換」「フロントキャリパーオーバーホール」「ブレーキオイル交換」「ヒーターホース交換」「クーラント交換」「パージバルブ交換」「パワステタンク交換」「エンジンマウント交換」「ミッションマウント交換」「左右ヘッドライト調整スクリュー修理」「エンジンオイル&フィルター交換」「フロントフードショック交換」「右タイロッド交換」「タイヤ新品交換」「エアコンスイッチ交換」「中古デフASSY交換」「ルーフライニング張り替え」「運転席シートパイピング交換」「ホィールアライメント調整」とこんな感じ。デフは唸っていたので状態のイイのと換えました。ボディは過去に同色で全塗装してます。故に綺麗です。今となってはとても小さく軽いE30ツーリング。既にクラシックの領域に入ってますが実用していただけるレベルに仕上がってます。色々やってお安くはないんですがご興味ある方は勇気を出して連絡ね。

追記 ショックを4本ともビルシュタインのリプレイスメント用に交換しました。シャッキリしました! 2016/10/15

2006y Peugeot 1007


マオリグリーン/ブルー&グリーンツートンシート 50,600Km 車検29.6まで D車/右ハンドル/5速セミAT/AC/Wエアバッグ/HDDナビ&ETC/2オーナー/記録簿
60万円(税抜55.6万円)

これまた下取り入庫です。入庫後ウチで車検取りました。だから車検残タップリです。変わり種。珍種。6,000Kmで現オーナーが正規中古車センターで購入。その後ディーラーメンテナンスの優等生。左右電動スライドドアがこの車のハイライト。珍妙な感覚です。新鮮。エンジンの力は少なめだしミッションは変速遅いですが、出来の良い「これぞフランス車」といった感のシートに腰かけて広い室内にいれば何も気にならなくなります。派手めのカラーは安全でもあります。内装は当時「カメレオインテリア」と呼ばれ座面の真ん中やドアの中央、ダッシュの敷物等自由に交換できるのが売りでした。今も部品があるのかな??土砂降りの雨の中での素早い乗り降りには不向きです。念のため。

1986y Ferrari 412


アズーロメタリック/バーガンディレザー 39000Km 車検26.1まで D車(コーンズ物)/左ハンドル/整備記録多数/3AT/PS/ABS/ナカミチオーディオ/ETC
SOLD

以前から告知していた「スティックさんの一番好きな跳ね馬」です。412、もうカタチだけで痺れます。独立してからも何台か仕上げてきましたが正規モノは非常に珍しいです。内外装のコンディションは素晴らしくフロント廻りに独特のクラックが入ってる箇所ありますが敢えてこのまま。シートも運転席のバックレストに擦れがありますが全然イケてます。上等な家具が馴染んだ感じと思って下さい。呆れる位の整備記録が残ってます。2オーナーで特筆すべきは「品川33ナンバー」を現在も維持しております。直近のオーナーは90年に16000Kmで購入してその後も全部コーンズ整備。今回は車検をウチで取って「インジェクター全部交換」「ブロアーモーターオーバーホール」「リアサスアキュームレーター(456用流用)交換」「リアマフラー(ANSA純正)交換」「エンジンマウント交換」とかやりました。超快適になりました。エキゾースト系は数年前に前オーナーがコーンズでキャタライザー付のマフラーを作製装着しリアマフラーのみオリジナルを付けていました。仕入れ時はそれに腐食で穴が開いていました。今回はANSA社のクラシックモデル再生産のタイミングと上手く合ったので交換に踏み切りました。正直あまり売りたくないのが本音。デスクに座ってガラス越しに見えてると幸せです。(←アホか!)

1992y Daimler Double Six


リージェンシーレッド/ドスキン 12800Km 車検2年付 D車/左ハンドル/記録簿/3AT/AC/ABS
ASK万円

告知していた「ダブルシックス兄弟」の次男坊。こちらは珍しい圧倒的少数の「レフトハンダー」です。しかも兄貴譲りの超低走行車。何とたったの12800Km。実走行です。このクルマもシャッター付きガレージで保管状態が極端に良好。内外装は本当に素晴らしい状態です。「ただ走行少ないだけの旧い英国車なんて色々手を入れないとダメなんじゃないの?(街の声)」おっしゃる通りです。気になる機関系はというとトコトン手を入れました。現在考えられる懸念材料は「燃費?」位ですね。この点はこのクルマの比類無いエレガントさと本物を持つ喜びで充分補えます。具体的には燃料系統徹底整備(ガソリンタンク左右新品交換、タンクユニット新品交換、フューエルポンプ左右新品交換、フューエルストレーナー左右新品交換)を施し加えて「チェンジオーバーバルブ」や「スターターリレー」「スターターインヒビットスイッチ」も交換。足廻りでは「フロントショックアッパーマウントブッシュ左右」交換、他に「ATマウントブッシュ」交換や「バッテリー交換」。ブレーキ廻りでは「フロントブレーキキャリパーオーバーホール」「キャリパーピストン(8個)」交換。「ブレーキパッド&ローター」交換、「ブレーキマスターシリンダーオーバーホール」「ブレーキホース」交換。「でもエアコンとか弱いんでしょ?(街の声)」鋭い指摘。もちろん手を入れてます。「コンプレッサーオーバーホール」をしてちゃんとR12を充填してバッチリです。他にはラジオアンテナ(忘れた頃に下がる不思議な設計)が上がらなくなってたのでリレー交換と配線修理をしてます。これだけやったら文句ないでしょ?さぁ、どこからでもかかって来なさい!(電話ね)

今日のスティックシフト
2006/11/16 10:50

新旧混在の在庫車はこんな感じで置かれてます。ギュウギュウ詰めだな。奥から「280CE」「190E2.5-16」「RRシルバースピリットV」「190E」「サーブ900S」「ゴルフWワゴン」「部品取り190E2.6」隣が「308QV」「NEW MINI 2台」「BMW X3」ですね。もう一枚はガレージ側から見たオフィス。何でWネックが・・・。おっ、その隣は“LUKE”だな・・・ってどうでもイイですね。

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

- Topics Board -