menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

1996y E220 Wagon (S124)


ブリリアントシルバー/ブラッククロス 41,000km 車検31.6まで D車/右ハンドル/4AT/AC/Wエアバッグ/パワーシート/8穴ポリッシュAW/整備記録/ETC
ASK万円

最終登録の96年式。ウチの認定中古車出身の個体です。2013年に34,000kmで販売しました。その際「エンジンハーネス」「IGコイルハーネス」「エンジンマウント」「ATマウント」「エアクリーナー」「リアサスアキュームレーター」「デフサイドシール」「OVPリレー」等を交換して納車。以来定期点検、車検ごとに必要なメンテを施し現在に至ります。非力な4気筒ですが、そこがまた無理してない感が溢れていて優等生な感じです。(←よくわからない比喩です)ETC以外の付加物も無く、真面目な1台です。ノーマルで長く乗りたい方にお勧め。低走行の個体も希少です。

2005y Aston Martin DB9 Volante


タングステンシルバー/サンドストームレザー 24,000km 車検30.12まで D車/左ハンドル/6速タッチトロニック/ポップアップHDDナビ&リアカメラ/記録簿/キーレス
ASK万円

クラシックな佇まいが魅力のオープンスポーツです。ウチの管理車両です。昨今のアストンでは珍しいレフトハンダー。6速タッチトロニックはいわゆるトルコンATでダッシュ上のDボタンを選んでAutoを選択しておけばあとは勝手にやってくれます。積極的に攻めたければステアリングに付いてるパドルでどうぞ。快音響かせながら走れます。事実上2シーターですが車検証上は4人乗り。モンディアルや911と同じで豪華なコート置きです。エンジンは芸術の域に達してる6リッターV12。エレガントに乗りこなして下さい。

1991y Alfa Romeo 164 QV


ロッソアルファ/ブラックレザー 52,000km D車/車検31.8まで/左ハンドル/5MT/オートAC/SR/整備記録多数
ASK万円

最近はあまり言ってなかたんですが「好きなクルマ」の上位に入ってる164QV。QVは「クアドリフォリオヴェルデ」ね。四葉のクローバー。言わずと知れたレーシングアルファのシンボルマーク。エンジンはサラッとチューニングした3リッターSOHCのV6。これぞアルファという感じの回り方します。(4気筒派の方々は異論もおありでしょうが)クアトロプロジェクトアルファロメオバージョンのスクエアなボディに控えめなエアロを纏い専用ホィールにレカロ製電動スポーツシート。赤いステッチが入ったメーターナセルに革巻きステアリング。可変ダンパーも付いてましたがご多聞に漏れず壊れたので現在はモンローのダンパーに交換済み。タイミングベルト&ウォーターポンプ交換(50,000km時)やマフラーASSY交換の履歴も完備。今乗るとそれなりにボディは緩いですが「はい。それがナニか??」と言いたくなるような世界を貴方に。ラテンの4ドア。しかもマニュアルでっせ。男なら買うべし。

1992y AMG300CE-3.4


ブルーブラック/ブラックレザー 127,000km 車検31.11まで 左ハンドル D車(AMGジャパン物)/5AT/AC/SR/ETC/取扱説明書/記録簿
ASK万円

2005年にウチで販売した認定中古車です。「AMG300CE 3.4-4V」です。限定30台。AMGジャパン物です。97,000kmでリバースに入らない状態で買い取ってきました。入庫してすぐにATオーバーホールしました。ついでにヘッドガスケットも交換。それから一般整備はディーラーに入庫して作業しました。タイヤも新品にしてアライメントも取って。でも足回りがイマイチだったのでダンパーを新品に交換して再度アライメント調整。以来直近のオーナーが事ある毎にに手をかけて整備して現在に至ります。前回の車検では「油脂類全交換」「エンジンマウント交換」「ミッションマウント交換」「フロントディスクジョイント交換」「左タイロッド交換」「ヒーターバルブ交換」「フロントブレーキパッド&ローター交換」「ラジエーターサブタンク&キャップ交換」「フューエルフィルター交換」「ワイパーミッションオーバーホール」「前インジェクター清掃、噴霧状態点検」「ディスビキャップ&ローター交換」「タイヤ(ポテンザ)4本交換」「四輪ホィールアライメント調整」・・・とまぁ感心する位整備してます。これが124,000km時です。現在は127,000Km。車検なのでまたひと通りチェックして整備します。前回車検時に純正の17インチ2ピースホィールを4本共リペアに出していて現在はウチの在庫のホィールを履いてます。今回仕上がった物に交換するので新品同様になります。

1992y Alfa Romeo SZ (ES30)


ロッソファルファ/ベージュレザー 41,000km 車検31.11まで 左ハンドル 並行車 5MT/AC/PS/PW/ETC/部品リスト/認定書/整備記録多数あり
ASK万円

ES30のSZ。ベースは75ミラノV6です。トランスアクスルのややこしいレイアウトにSOHCの210馬力バージョンのV6。スペック的にはナントも無いですがエラく美しい回り方をします。加えてスーパーハンドリングマシンです。しかし独特のドラポジに泣かされるか、慣れて手懐けるかは貴方次第。部品が無くなりつつあり維持管理には気合が必要ですが2005年23,000km時からウチが管理してます。スティックさんの居合仲間が乗ってました。無い部品は彼の地から取り寄せて、他車種との互換性を調べ乗り続けるお手伝いをします。ザガートのこの形が刺さったアナタ!買っちゃいなさい!ある意味で跳ね馬よりも希少かな?

追記、車検を継続して現在整備中です。

2014y M.Benz G550 Long


オブシディアンブラック/ブラックレザー 9,500km 車検31.7まで D車/左ハンドル/7AT/オートAC/ディストロニックプラス/SR/純正ナビ&リアカメラ&ETC/1オーナー/記録簿
SOLD

走行の少ないゲレンデが入庫しました。G63の新車の下取りです。不動の人気を誇る「ご長寿SUV」。度重なる引退の噂を蹴散らして生き残ってきました。次期モデルは幅が広がるらしいのでこの形もそろそろ。ゴツいバンパーになる前のスッキリした外観。今年の7月に初めての車検をディーラーで受けました。テッパンの組み合わせ「黒メタ、黒革、左、屋根」と四種の神器?が揃った個体。前車との車間を保って走るアクティブクルーズコントロールのディストロニックプラスも付いてます。ブラインドモニター等装備も充実。

1991y Rolls-Royce CornicheV


ブラック/タンレザー(ダークブラウンパイピング)/ブラックモヘアトップ 14,500km 車検30.3まで D車(コーンズ物)/右ハンドル/3速AT/オートAC/ABS/マニュアルブック他備品完備/初年度平成5年2月登録

ASK万円

驚異の低走行。試運転でメーター止まってる事も疑いましたが動いてました。記録も繋がってます。コイツが予告していたコーニッシュDHCです。車検証上は複数名義になってますが事実上ワンオーナー車。オーナー様からご指名で直接仕入れてきました。モデルは1991年式のVですが初年度は1993年です。右ハンドルの布製ソフトトップ。マニュアルブック他トノカバー等備品は完備。ETCすら未装着の無改造車。長らくブライダル関係でお使いになっていたので「運転席シート座面及び外側パイピング」「リアシート座面」「ドアウッドパネル上面」等が傷んでました。晴天時幌を開けてリアシートに2人乗車でゆるゆる走行・・・というのが仕事のクルマでした。シートは張り替えか生かすか迷うところです。アンコの入れ替えは必須ですから現場と協議の上決めます。幌の状態はリアスクリーンを含めパーフェクト。こんな使用状況故にメカ関係はシッカリしてます。整備はコーンズと専門工場(有名)でやってました。でも「ブレーキアキュームレーター2個交換」「フューエルディスビガバナ交換」「AC用水温センサー交換」等々、気になるところは手当てします。タイヤもオリジナル(!)が装着されたままなので販売時には交換します。ついでにナンバーまでオリジナル!引き継げるかはお客様次第ですが。素材として素性、仕様ともに文句無しの1台。ウッドバラしちゃったので内装写真はナシね。時間かかるよ(鰻屋か!)

1987y M.Benz 560SL (R107)


アークティクホワイト/バーガンディレザー 39,900マイル 車検30.11まで US仕様新車並行/左ハンドル/4速AT/オートAC/エアバッグ/クルーズコントロール/クロームメッキAW/ETC
ASK万円

予告していた「アメ並、お馬鹿バンパー仕様」のR107です。(愛情を込めて言ってます)素晴らしい!荒井は大好きです。丸目4灯ヘッドライトに5マイルバンパー。トランクにはハイマウントストップランプも付いてます。もちろん外気温度計も華氏表示。メーターはマイルとキロの併記です。比べなければわかりませんがダッシュボード下部にはニーパッドも付いてます。これも当時の基準です。純正のクロームホィールにボディには内装と同じバーガンディのコーチライン。超西海岸っぽいです。ちょっと旧い映画でビバリーヒルズとかを走ってそうな1台。1987年7月シュトゥットガルト製造で1987年9月22日に米国の“ASC(American・Sunroof・Company)”でパワートップを施工してます。その後日本へ空輸して1987年10月に登録。日本では2オーナーで現在は後輩の業者の名義になってました。セールスポイントっぽく書いてはいますが、このパワートップが入手当初不動でした。一時は後輩が工場で修理してもらい動くようになってました。しかしまた動かなくなったので綺麗サッパリ撤去しました。もちろんハードトップも付いてます。メカは走行が少なめなのでしっかりしてます。当然スティックシフト的お任せ整備でバッチリ手を入れますよ。極端に少なくなってきたR107。この外観にクラっときた貴方は病気です。買っちゃいなさい!

追記 エンジンとミッションの繋ぎ目からのオイル漏れが気になってしまい、降ろしたついでにATオーバーホールしちゃいました。あとは「シフトグロメット交換」「バキュームモジュール交換」「エンジンマウント左右交換」「ミッションマウント交換」「フードインシュレーター交換」を施し、油圧のソフトトップは完全に手動に戻しました(パチパチ!!)オープンの画像をUPしました。次は何しようかな?

2016y ABARTH 595 Competizione


グレーメタリック/レッド&ブラックシート 左ハンドル 7,010km 車検31.4まで D車/5MT/オートAC/バイキセノンヘッドライト/2オーナー/記録簿/BMC専用エアクリーナー/専用エキゾースト&サスペンション/サベルトスポーツシート/180ps/HDDナビ&ETC/新車保証継承可能
SOLD

まだ下に出てるのに最新入庫で登場!2か月前に納めたABARTH595Compの5速マニュアルのレフトハンダー。早くも里帰りです。えっ?何でって?ごもっともなツッコミ。現オーナーが探していた車が突然出てきてしまってそれをお買い上げいただいたんで下取り入庫です。実は乗る気満々で「細かいモディファイ」を日々続けていた矢先の出来事でした。間違い探しみたいなんですが写真見てわかった方は相当のアバルトマニア。写真じゃわからない項目をバラすとですね「運転席シートレール2.5cm下げ仕様に交換」とか、「リアゲート引き下げるストラップをアバルト仕様に」したりとか、「リアバックレスト裏側に消音の為に内張り作製貼り付け」とか・・・。実は足回りも純正アバルトに戻してアライメントを取り直しました。走行が4,000km強伸びましたがコンディションは新車感覚です。以前も書きましたがナビは専用キットを使ってインストール。PioneerのAVIC-RZ99を入れてます。ステアリングに付いてるボタン等のコントロール生かしてます。ナビ連動のドラレコも装着。フロント廻りはバンパー、ヘッドライトはプロテクションフィルムを貼ってます。この仕様を探してた方は再びいかが?。もちろんお求めやすいお値段で。車検証の車名もアバルトなのよ〜(もうみんな知ってる)

1998y M.Benz S500L(W140)


エメラルドブラック/ブラックレザー 右ハンドル 68,000km 車検31.10まで D車/5AT/オートAC/ガラスSR/純正ナビ&ETC/ウッド&レザーコンビステアリング/2オーナー/整備記録
SOLD

20年近くの時が流れ真の価値が見直されてきたW140。お金のかかってるSクラスです。二重ガラスを最初に市販車で採用したのもこのモデル。その中でも最もバランスのとれた5LのV8を積んだモデル。あの名車500E(E500)に搭載されたのと同じ心臓を持ってます。加えてロングホィールベースなので広大なリア空間と絶妙な乗り心地も与えてくれます。操作系は全て軽く、乗り味は重厚。この個体は下取りで入庫しました。基本的にノーマル。ウインドフィルムすら貼ってません。この点も評価高いです。医療法人の1オーナー物がディーラーに下取り入庫。その車を2年前に歴代Sクラスを複数台数所有の現オーナーが入手して大切にしてきました。内外装のコンディションも抜群の1台です。

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

- Topics Board -