menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

1968y M.Benz 280SL (W113)


ホワイト(ネイビーハードトップ)/コニャックレザー/ネイビー幌
83,000km 車検2002.10まで ヨーロッパ並行車/左ハンドル/4AT/PS/クーラー/左右パワーウインド/ETC/整備記録多数
ASK万円

偉いでしょ?品川33を保持してる個体です。280エンジンの初期モデル。なのではじめから白ハンドルです。1985年にドイツから日本に来たクルマです。もう日本生活が長いので相当日本には慣れてます(笑)その証拠にこの炎天下(ちなみに34℃!!)で普通に走れて水温も上がらず冷房(クーラーね)も効いてます!偉いでしょ??オリジナルのボディカラーはライトベージュだったようです。日本に持ち込まれる際に白になったのか?しばらく経ってからなのか?それはわかりません。内装は茶系の斑模様のコニャック。これは当時のメルセデスでは良くあった色です。主にグリーン系やワイン系、茶系の外装のクルマに選ばれる事が多かったようです(W113の専門家の知り合いがおっしゃってました。この方何でも知ってるんです。頼りになります。)座面は同系色のカバーで包まれてます。まだ外してませんが外すと下からは背もたれと同じ形状の座面が出てくる予定。幌はジャーマンクロスのネイビーです。パワーウインドはヤナセのオールドタイマーでレストアした車両と同形状のヤツですね。センターコンソールにウッドのベースにスイッチが付いてます。キチンと滑らかに作動します。偉いでしょ???直近の整備のハイライトを一部ご披露。67,990km時にヘッドオーバーホール一式。オルタネーターを90Aに強化。エアコンコンプレッサーをレシプロからロータリー式に交換。70,160km時にATミッションオーバーホール一式。76,551km時に噴射ポンプウォームアップバルブ交換。マフラーASSY交換。テールレンズ左右新品交換。80,482km時にフューエルポンプ交換。81,363km時に左右ウエザーストリップ交換。フロントブレーキローター交換。ブレーキキャリパー前後オーバーホール。等々メンテナンスに抜かりなく現役を貫いております。偉いでしょ????レストアしたての個体って訳ではないのでボディはそれなりに加修が必要だと思います。キチンと使われて来た道具感があります。ゆっくり仕上げますので欲しい方はご連絡を。

2002y Ferarri 456M-GTA


グリジオイングリッド/クレマデイトナシート(クオイオパイピング)
83,000km 車検2023.4まで D車(コーンズ物)/右ハンドル/4AT/オートAC/パワーシート/記録簿
ASK万円

ご記憶の方も多いと思いますがウチの認定中古車です。世にも素敵な組み合わせの内外装。外装はいわゆるシャンパンゴールドの様なグリジオイングリッド。バーグマンクーペのあの色です。これを選んだだけでも偉いのに内装も滅多に無いデイトナシート。しかもレアなライトハンダー。こんな車は他に見た事無いです。1オーナー物を買い取ってからずっとウチ管理で過ごしてきました。このフロントエンジン12気筒に対して色々ネガティブな事をおっしゃる外野の方々。ご指摘、ごもっともです。勉強になりま〜す。色々あっても「乗ってみたい!」と思っちゃった貴方。一緒に維持して行きましょう!

直近の整備を列記しておきます。

2019/3/10 64,000km 車検、タイミングベルト交換。
2019/9/23 66,244km エキゾーストTEMP ECU 左右交換。エアコンコンプレッサーリンク品交換。
2019/10/15 66,559km アラームホーンASSY 交換。
2020/8/19 70,123km ATミッション オーバーホール。
2020/11/23 70,823km ヘッドライトモーター左右 オーバーホール。オイル漏れ(ブローバイホース他)修理。
2021/4/10 74,225km 車検整備(油脂類交換)一式。

(「俺様の456のATもやってくれ」はお断りします。大変なので)

2013y Bentley Continental GT Convertible W12


グレッシャーホワイト/レッドレザー/レッドソフトトップ
12,200km 車検2024.3まで D車/左ハンドル/8速AT/オートAC/Wエアバッグ/純正ナビ&ETC&リアカメラ/クロージングサポーター/21インチマリナーAW/記録簿
SOLD

ウチの認定中古車出身の個体。その前はディーラーの認定中古車。由緒正しい1台です。心臓はW12の6リッターツインターボ。それを四輪駆動で路面に伝えます。V8が出てからはダウンサイジングのエンジンに眼が行きがちですがどっこい乗ったら全く別物。トルクの塊のようなエンジンにしっとりとした独特の乗り味は体験しないとわかりません。低走行の抜群のコンディション。人気の“マリナードライビングパッケージ”付き。コンチネンタルGTコンバーチブルってちゃんと呼んでね。(W12はGTCとは言いません)まぁ、ウチでも面倒だからGTCって言っちゃってますけど(笑)燃費とかは言いっこナシよ〜。

2016y Porsche Cayenne GTS


ペリドットメタリック/ブラックコンビレザーシート
49,000km 車検2023.8まで D車/左ハンドル/8速AT/オートAC/スポーツクロノパッケージ/スポーツエキゾースト/パワーシート/シートヒーター4座/クルーズコントロール/ポルシェエントリー&ドライブシステム/電動リアサイドブラインド/パワーリアゲート/記録簿
SOLD

ウチでは珍しいカイエン。3.6リッターV6ターボになってからのGTS。V8じゃないですが440psの充分なパワー。圧倒的に右ハンドルが多い中で敢えてのLHD。シックリきます。マットブラックの20インチホィールから覗く赤いキャリパーがポルシェっぽいかな?直近の販売時に「フロントブレーキパッド&ローター」「リアブレーキパッド&ローター」「ポルシェ認証タイヤ4本」「トランスファーボックス」等々新品交換してます。ナビの地図も昨年更新済み。どうせ乗るなら白とか黒とかじゃなくてこれ位の色でいきましょう。新車時は有償オプションのペリドットです。

2008y BMW120i Cabriolet


カシミアシルバー/ボストンベージュレザー
33,000km 車検2年付 D車/右ハンドル/6速AT/オートAC/Wエアバッグ/メモリー付パワーシート/シートヒーター/ETC/記録簿 
ASK万円

探すとなかなか無いこの大きさの4座オープン。初代1シリーズのカブリオレです。650と同系統の落ち着いた外装色。内装もベージュのレザーで綺麗にまとめてます。4気筒2リッターNAエンジンに6速トルコンAT。ごく普通の動力性能ですが充分でしょう。気楽に乗れて気が向いたらボタン1つでフルオープンに出来ます。リアガラスの周囲は経年劣化してましたのでその道のプロに補修を依頼。ダッシュに載ってるナビはさすがに時代遅れなので新しいSDナビに刷新してリアカメラもついでに装着しようと思ってます。濃い目のメニューの車検整備後にタイヤも4本新品にしときます。深く考えずに買っちゃいなさ〜い!屋根を開ければ心も軽くなるでしょう。

1992y M.Benz 500E


ブルーブラック/ブラックレザーシート
300,000km 車検2023.6まで D車/左ハンドル/4AT/オートAC/Wエアバッグ/パワーシート/シートヒーター/2オーナー/記録簿
SOLD

先日の19万キロに驚いていてはいけません。こちらは横綱!30万キロです(拍手!)但しそんじょそこいらのただ走行が多い個体とは一線を画す優良車。もちろんウチの認定中古車出身です。敢えて選択したサンルーフ無し仕様が男らしさを感じます。直近のオーナーは124のベテラン。500だけでも2台目の猛者。1Stオーナーがほぼ295,000km走行しました。新車からの整備記録が気が遠くなる位残ってます(笑)25万キロ時にウチで元色で全塗装。293,000km時にヤナセにてAT交換済み。お約束の天井垂れも285,000km時にヤナセにて張り替え済み。前回納車時にダッシュばらしてエバポレーター&ヒーターコア交換済み。その際欠品のバキュームエレメントもデッドストックを見付けて交換済み。フロントショックも新品に換えてリアアキュームレーターも換えました。加えてこだわりのインジェクター全数洗浄&調整。噴霧データ等全て残ってます。オルタネーターも強化型に交換。現在は絶好調を保っております。内外装もすこぶる綺麗で「えっ?これそんなに走ってるの?」ってな具合。下手な10万キロ走行位のまだまだこれから手を入れなければならない個体よりもお勧め出来ます。歴史を引き継げる方大募集です。

2011y BMW650iCaburio


オリオンシルバー/ライトベージュダコタレザー
31,000km 車検2022.9まで D車/左ハンドル/8速AT/オートAC/シートベンチレーター/コンフォートアクセス/ソフトクローズドア/アダプティブドライブ/純正ナビ&ETC/記録簿
ASK万円

認定中古車出身のお洒落な大人のジャーマンオープン。4.4リッターV8ツインターボで407PSを叩き出すエコとはチョッと距離を置いたクルマ。魔法の絨毯のような乗り心地で40km/h以下ならボタン1つですぐオープンになります。幌もオプションのシルバーがかった生地です。これまたお洒落。明るい内装は非常に綺麗な状態を保ったままです。走行も少なくその気になれば4人乗車も可能。普段は豪華な荷物置きに使えるリアシート。4座のオープンとして非常にバランスの取れた選択。ドアも優しく閉まります。

1997y Toyota Cencury


摩周シリーンブルーマイカ/グレーベロアシート
25,000km 車検2023.10まで D車(当たり前か)/右ハンドル/4AT/オートAC/リアドアクロージングサポーター/純正ナビ/ETC/地デジチューナー/2オーナー/記録簿
SOLD

何故かウチで国産車を掲載いたします。先代センチュリーの12気筒を搭載初期モデル。好きなので特例です。我が国が誇るショーファードリブンの極み。超低走行の個体をウチのお客様が知り合いの初代オーナーから1年半前に譲り受けお乗りでした。ずっと車庫保管。本来の用途は前途のショーファードリブンですがオーナードライバーでも楽しめるドアミラー仕様です。ご存じの通り殆どがフェンダーミラーでした。ボディカラーはいわゆるダークブルーメタリックです。これも自身で運転するのに向いてます。ヘンテコな色名称はセンチュリーの伝統です。気にしないで下さい。パワートレインは国産車史上類を見ない贅沢な専用12気筒5リッターエンジン。ウルトラスムースな走りです。国内専用車種なので殊更贅沢。これまた超上質な織物のシートに身を委ねればもうとろけちゃいます。グレードは「デュアルEMVパッケージ」という前後モニター付きの上級グレード。助手席の背もたれの真ん中が抜けてリアシートは左側に座ればアシを投げ出せます。ゼロエミッションが叫ばれてる今日この頃。またしても敢えてのご提案。ご賛同下さる御仁、待ってます。

1998y VW Golf V GTI


ブラックメタリック/ブラックレカロ
68,000km 車検2023.8まで D車/右ハンドル/5MT/AC/Wエアバッグ/AW/記録簿/ETC
ASK万円

2019年6月に仕入れてコツコツ仕上げてます。仕入れの経緯は当時のBLOGを見て下さい。まぁ、色々あって今日に至ります。ザッと交換部品を列記しますね。ショック前後交換、左リアパワーウインドレギュレター交換。右フロントパワーウインドレギュレター交換。リアゲートダンパー交換。左右ヘッドライト交換。4輪ホィールアライメント調整。右ウォータートレイ交換。ルーフライニング張り替え。シフトレバーブッシュ交換。12か月点検はVW世田谷にて実施しました。あとはボンネットとフェンダー、リアゲートの塗装も直しました。懸案のタイミングベルトは純正供給はありませんでしたが本国でOEMのキットを発見。ウォーターポンプも含め交換しました。動かしながらダメ出しを繰り返していて右フロントウインドモーター交換や各マウント類交換。ドアロックポンプ交換したりアライメント調整したり。あっ、ヘッドライトも左右新品に交換しちゃいました。あとメーターの液晶が見えなくなる寸前でしたが現物を修理してバッチリ直りました。整備費用は100万越えです。写真も取り直したので誰か嫁にもらって下さいな。

2010y Alpina D3 Bitorbo Limusine (E90)


チタンシルバー/ブラックコンビシート
40,000km 車検2023.7まで D車(ニコル物)/右ハンドル/6速スイッチトロニック/オートAC/SDナビ/純正ETC/シートヒーター/記録簿
SOLD
 
150台限定(最終的にはアニバーサリーモデルを30台増産しました)のアルピナ製スポーツディーゼル。激シブのシルバーボディににシルバーデコライン。写真ではほぼわかりませんな。まさに羊の革を被った何とやら・・・。仕様としてはほぼスタンダートな感じでウッドも無し。サンルーフも無し。パワーシートも背もたれだけ。その分車重は軽いはずです。アルピナ流にいくとAT(スイッチトロニックと称するZF製の6HP)が59万円。ライトハンダーが25万円のオプションでした。某ディーラーの認定中古車でウチの顧客が購入してその後メンテナンスは全てウチで引き受けてる素性の良いクルマです。2026年にはアルピナはもうクルマを造らなくなっちゃうという衝撃の発表があったばかり。アルピナマジックが味わえるチョッとエコなディーゼルです。

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

- Topics Board -